ディンプルキー

ディスクシリンダーに変わってよく使われるようになってきたのがディンプルキーと呼ばれるタイプのものです。

ディスクシリンダーは鍵の山の高さが5段階から9段階ほどしかありません。
これだと専用の道具を使わなくてもヘアピンや針金等を使えばだれでも簡単に開けることができてしまいます。

このことが問題視されてディスクシリンダーは使用が避けられるようになりました。

ピンシリンダーというものも誕生しました。こちらは鍵山の段階はディスクシリンダーよりは少し多いのですが、それでも専用の道具を持っている窃盗団にかかれば開けることができてしまうものです。

そこでピッキングできない鍵が誕生しました。それがディンプルキーです。
ピッキングに強いと言われており、ディスクシリンダーを開けるような道具では開けられません。
そして従来のシリンダーと違って配列の組み合わせが1000億通りも可能だということです。

ディスクシリンダーで有名なのがKABAというメーカーです。こちらのメーカーの鍵を複製使用としたらキーのシリアルナンバーを確認する必要があります。
登録者の情報とシリアルナンバーを照合してから合鍵を作成するので第三者が勝手に合鍵をつくろうとしても作れません。この点でも防犯性が高いです。