イモビライザーの盗難

最近の車にはイモビライザーという鍵のシステムが搭載されています。
イモビライザーというのはICチップによる認証システムのことです。IC情報が鍵と車体に埋め込まれており、この情報が一致しないと車を開けたり動かすことができないというものです。

しかし最近ではこのイモビライザーを盗難する手口も出回っています。
イモビカッターというIC情報をリセットして新しい鍵の情報を登録できる機械を使えば盗難が可能になるのです。

イモビカッターは本来は車屋さんや鍵屋さんが業務で使用するための道具です。
しかしこれが裏ルートで手に入る用になり、悪用する人が増えたのです。

イモビカッターですべての車を開けられるというわけではありません。車種によって相性があります。開けられる車ばかりが狙われた時期がありました。
例えばトヨタのプリウスがそれに当たります。
この機械をつかって盗難することができたので被害が相次ぎました。

その他にもクラウンやセルシオなど人気の車種がイモビカッターを使って盗まれてしまいました。

イモビカッターはネットを使えばだれでも一万円程度で手に入れることができます。
しかし、現在ではイモビカッターのネット販売は取り締まりを受けています。窃盗団に販売した場合は窃盗幇助の容疑で逮捕されます。

そして鍵業者や自動車修理販売業者以外でこのような道具を持っていた場合には罰則が課されます。